企業情報

沿革

1933年 2月 (昭和8年) 東京都墨田区に信川護謨工業所として設立。
ゴム製品の製造・販売を業務とする。
1949年 4月 (昭和24年) 組織を株式会社に改め、発足当初の資本金400万円にて事業一切を法人に引き継ぐ。
名称も株式会社信川護謨工業所に変更。
1968年 10月 (昭和43年) 資本金を1,600万円に増資し、マスターバッチ、 押出スポンジ"ネオロン"、防振パット等の製造を行う。
1977年 11月 (昭和52年) 資本金を4,000万円に増資。
1982年 2月 (昭和57年) 住友化学工業株式会社の資本参加を得て 資本金を5,000万円とする。
1986年 9月 (昭和61年) 販売部門を独立させ、昭和ゴム株式会社の資本参加を得てノブカワ商事株式会社設立。
1987年 9月 (昭和62年) ハイパロン(CSM)の押出スポンジ製品化に成功。
"サンカラー"の名称で製造を始める。
1989年 9月 (平成元年) 兵庫県西脇市黒田庄町に関西工場完成。
大阪市北区与力町にノブカワ商事大阪営業所を開設。
1992年 3月 (平成4年) 本社工場を福島県二本松市太田字守山に移転、福島工場として設立。
1995年 11月 (平成7年) 本社移転。東京都千代田区神田鍛冶町3丁目3番地。
1999年 9月 (平成11年) 関西工場ISO9002取得
2000年 12月 (平成12年) 福島工場ISO9002取得
2003年   (平成15年) 関西工場・福島工場共にISO9001へ移行
2003年 4月 (平成15年) 「信川護謨工業所」の社名を「株式会社ノブカワ」に改称。
2007年 10月 (平成19年) 福島工場ISO14001取得
2007年 12月 (平成19年) 関西工場ISO14001取得
2017年 12月 (平成29年) TPR株式会社のグループ企業となる
2018年 4月 (平成30年) 社名を「TPRノブカワ株式会社」「TPRノブカワ商事株式会社」に改称。